うさぎ小屋の家と猫の額の庭

2011.09.15

2階まで伸びた朝顔

Asagao1 お彼岸を過ぎて、さすがに朝顔のシーズンは終わりましたが、、

写真は今月上旬のもの

続きを読む "2階まで伸びた朝顔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.18

エアコン配管カバーを取り付け(娘の家)

娘の家が、生意気にも2階にエアコンをつけた(笑)、、ま、これから夏だし、新築の家にエアコンなしもちと寂しいから1台くらいは奮発したのだろう。

さて2階につけたけど、室外機は1階においたので、標準工事費内ではおさまらず配管延長工事が+2万円ほどよけいにかかった。
室外の配管にはカバーをしたかったのだけど、これも延長分を入れると、さらに+2万円かかるので、ビンボウ娘は断念。

Ac1

カバーがないとこんな出来上がり。しかし「タダの標準工事」とはいえ、雨樋パイプに針金で縛り付けはかなり手抜きじゃないの(汗)。

Ac2

娘はこれよりも壁面のパテ盛りつけ剥き出しが気にいらないらしい

Ac5

ま、そこでDIYで配管カバー工事。
壁面のパテの部分は、市販カバー(\390)でこんな感じ。
壁に段差があるので、加工しても少しだけ隙間ができてしまう。

Ac6

雨樋までのビニール巻きの部分は市販のフレキカバー(\780)でぐるっと被う・・。これを全部巻いて縛るのが一番手間だった。(ベランダから半身乗り出しての作業)

Ac3

、、、てなわけで出来上がり。

はい完成。材料費 はこのほかにタイラップバンド入れて、計 1350円也。

ほんとは1階までカバーをしたいのだけど、長いハシゴがないと難しいのでそこはあきらめ。(下までやっても材料費は+2000円程度)。

写真で見ると簡単そうだけど、ベランダから半身乗り出しての作業で、これが一番大変。長いハシゴ(3m)があれば全然楽に出来たんだけどね。

ハシゴ買おうかな、、、借りりゃいいのか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.11.13

実家の玄関ドア修繕

ひさしぶりに記事を書いてみます。 自分の画像掲示板に書くヒマがあったらこっちに書けばいいのにね。

(画像はクリックすると拡大で見られます)
Door0
前に画像掲示板で書いた実家のボロボロ玄関ドアです。
塗装は剥げてたのを、ばあさんが適当に塗ったらしくて、月日が経つとかなりみすぼらしい

右側は、全然関係のないものですが、、類似同型のものとして見本。

ドアノブは右側のと同じ物がついてたはずですが、出入りの大工が以前に修理で勝手に交換したらしい。こんなアパートのドアみたいなのをつけちまって・・・。


Door2
外見はともかくとして不具合は、ドア上部が写真のように隙間が空いてしまってる。ドアが歪んで片側だけが落ち込んでる。

外側から見てもわかるのだけど、ドア内側では継ぎ目部分が抜けかかって重みで片側だけが落ちている。
ネジで止めてあるけど、これは出入りの大工の仮修理。しかし、こんなもんで修理になるわけがない。かなりいい加減な仕事。

Door3
ドアノブ回りはご覧のように無惨な姿。ペンキも剥げて木材表現もかなり劣化。

ドア下部(一番下の写真)は、落ち込んで床に擦れている。(上側は隙間が空いてる分だけ下に落ちてる)。これが原因で、ドアの開け閉めがスムーズにできない。開けるときも足で蹴飛ばし、閉めるときも蹴飛ばしてる(爆)




Door41
そこで修理開始。

まず、大工のいい加減なやっつけ仕事のネジを全部撤去。(全部12本)

1.落ち込んでるドアの下部からジャッキを当てて持ち上げて

Door42
2.抜けかかってる組み合わせ部分を外から叩いて押し込んで
3.大型のL字金具で4隅を固定。

どうじゃ、隙間がぴいたりくっついて収まったじゃろ!

Door44
あとは、ニスを塗るだけ。


Door51ドア上部もこのようにちゃんとなってめでたしめでたし。


Door52
塗装は本来ならヤスリをかけて古いのをきれいに落としてから塗り直しなのだけど、ヤスリで全部落とすのは実の遠くなるくらい手間がかかる。

手抜きで木材表面が荒れてるところだけヤスリをかけて、あとは古い塗装がある上から油性ニス塗り。

ヤスリ掛けしたところが、下地色との関係ででちょいと塗りムラがあるけど、ま、やっつけ仕事だからこんなもん。
次に行ったときに、きちんと塗り直そう。いっそのこと真っ赤にしようか(笑)

もしかして、ニスが完全乾燥したら違う色になってるかもしれん。
もう一回行ってアフターフォローしなくては。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.06.04

今年のラベンダー

070603lav
昨年8月のタイ旅行の続きを書いてから、新しい記事を書こうと思ってるうちに、10か月が経ってしまった(汗)

旅行記の完結を待ってたらいつまで経っても次が書けないし、いまさら書いても賞味期限がすぎてるし(笑)、とりあえず再開することにしました。

写真は、うちの庭で咲いたラベンダー、、、(あちこちに載せてますが・・)
今年も6月になってきれいな花を咲かせてくれました。近くに寄れば、あの爽やかな香りもします。
こうして、、もうすぐ夏なんだなぁ・・・と季節感を感じさせてくれます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.01

あじさい・・その後

Ajisai1一輪しか咲かなかったあじさいのその後

剪定をしないと来年たくさん花が咲かないというので、見よう見まねで咲き終わった花や、その他の葉をチョキチョキと剪定・・・・・・1週間後には新しい芽がにょきにょきと出てきた(1枚目)

Ajisai2さらに2~3週間後にはこんなに新芽が出揃った。こんなにどんどん芽が出るなら、もっとちょんぎればよかった(笑)
しかし、これで来年は花が咲くのかどうかはわからない・・・・・・、それに、春の新芽(花芽)が出る前・・・冬にもう1回剪定したほうがいいと説明サイトには書いてある。
もうちょい勉強しておいて冬に備えよう


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.28

今年の紫陽花は一輪

Ajisai2006もうかなりタイミングを逸しましたが、、、、、今年のうちの紫陽花は一輪だけ(咲いてから2~3週間たちます)

昨年、鉢植えで買ってきたハイドランジ(青)は、地植したあと元気がなく、それでも冬に枯れたかのように見えた茎から今年は元気よく新芽が出たものの花芽はつかず・・・・(泣)

かわって、道ばたで摘んできた額紫陽花の茎数本のうち2本が無事根付いて、そのうちの1本から一輪だけの花芽が花を咲かせました。かなり小ぶりの花でしたが、でも咲かないよりはいい・・・

葉だけがやたら青々として、かたつむりだかナメクジが喜んでいそうですが、、、、、(笑)
さて、どうしたら、来年は花芽がつくのだろう・・・・・たしか、花が終わった頃にバシバシ剪定しろとどこかに書いてあったような・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.17

ラベンダーその2

0605lave_12週間前に、「2週間くらいしたら咲き始めるかも?」と書いたのですが、その2週間後です。蕾は紫色になり、数もたくさん増えましたが、まだ花が開くところまではいってないようです。昨年の写真を見たら開き始めたのは6月上旬で、去年の今頃の写真ははやはり同じような感じでした。(写真下)

Labendaこっちが、去年の今頃の写真です。かなり増えたなぁ・・って感じです。去年はこの状態から3~4倍に増殖しましたから(笑)、今年の株の量からすると、相当の花の数になりそうです。6月になって咲いたらまた写真をアップします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

撫子(ナデシコ):ダイアンサス

Nade1_1昨年秋に無料で配ってたのを貰ってきたミニポッドのなでしこ2鉢なのですが、地植しておいて冬になって枯れてしまったかなと思っていたら、春になって元気に新芽が出て花も満開となりました。

勝手にたくさん咲いてくれて元気でよろしい・・

うんちく:
なでしこ(撫子)=秋の七草の一つですから秋の花みたいですが、花の分類としては初夏の花になってます。秋といっても旧暦では8月からが秋ですので、初夏~8月頃までの花のようです。

本家のナデシコは、5枚の花びらがもう少し細くてか細い感じ。<これが大和撫子と言われる所以かも。
写真のものは、タイアンサスというナデシコ科のやや別の仲間のようです。花の季節も本家より少し早め。
やはり、本家のナデシコは秋の七草なのかも。

ちなみにカーネーションは、ナデシコ科に属する同じ仲間。そういえば、葉振りはよく似てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

ラベンダー

Lave庭のラベンダーが、もう蕾をつけてます。あと半月もすれば咲き始めるかも・・・・

小さな鉢で買ったものが今年で二回目の冬を越しましたた・・・・・1年目より二年目、二年目より三年目、、、株も二回り大きくなって花の数もだいぶ増えたようです。咲くのが楽しみ、、
北海道へは行けないので、箱庭の小さなラベンダーで初夏の香りを、、、、と、期待してます

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.04

チューリップ一輪

Tulipチューリップが咲いた・・・・・といっても、もう10日ほど前のことですが。
一輪咲いて、ほかの株からもそのうち咲くだろうと待ってたけど、どうもほかの株からは花芽の出てくる気配もないので、この一輪で今年は終わりみたいです。

もともとは、昨年貰った苗を地植はしたけど(下の写真)、結局は枯らしてしまったので球根だけとっておいたやつ。全部掘り返して保管したつもりだったのだけど、1メートルも離れたところからいつのまにか芽がでてきたのがこの一輪。


Tulip0305この芽が出てきたときに、球根があったのを思い出して引っ張り出したのだけど、なんだか、らっきょうみたいに小さい(笑)。それでも植えたらすぐに芽が出てきた。こりゃ花が咲くかな?と思ったけど、やはり小さい球根では養分が足りなかったのか花が咲くまではいかなかったみたい。
今年は球根も少しは太っただろうから、来年はなんとかなるかもしれない・・・・・・。あるいは植えるのが遅かったのか??来年はちゅんと早いうちに植えなければ・・・・・。ずぼらで埋めっぱなし・・という方法もあるけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)