« PCの起動ディスクをSSDに変更(続き) | トップページ | 握力計 »

2012.11.19

キーボードと、マウスを入れ替え

PC-DEPOT店内のワゴンセールで、ロジクールのワイヤレスキーボード 1480円があったので、つい衝動買い。( 写真下側)

Keyboad

今まで使っていたDELLのキーボード(写真上側)は、とっても使いやすくていいのだけど、最近「DEL」キーの接触が悪くて反応しないことがある。

(DELL製だから、DELキーってことは洒落でもないけど、、、、考えてみると DELキーってのは一番酷使されてるかもしれない。

ちなみに、PCはDELLではありません。

使ってみると、いわゆる安物キーボードにありがちなキータッチの頼りなさ。

サイズをDELLのものと比べると、アルファベット部で縦、横とも5ミリくらいづつ小さい。

ま、キー1個あたりにしたら横幅0.3ミリ、縦1ミリくらいのもんだけど、ほとんどブラインドでタッチするので慣れないせいかも。

ま、いつもでかいキーボードだから、ノートPCの小さいキーボードは使いにくい(慣れない)というのもあり、これに慣れれば、ノートでもなじむようになるかも。

とはいえ、、机の上でいつもケーブルが邪魔だったので、キーボードに紐(ケーブル)がついてないのは快適です。買いで正解。

21969_2

さて、ワイヤレスのレシーバがやたらに小さい。

使わないときはなくしてしまいそう。(実際は差しっぱなしだけど)

ロジクールのこのunifyingレシーバは、1個で6台のレシーバが使えるとのこと。つまり1個でキーボードもマウスも使える(でも、6個も使い道はない・・・)

これはありがたい機能。 キーボードとマウスでUSBの口が二つ塞がってしまうのが1個で済む。

ちょうど、マウスも左ボタンが不調気味なので、このunifyingレシーバ対応のマウスをAmazonで一番安いのを見つけて購入。

81c5hvnil__aa1500_

買ったのがこれなのだが、

(Logicool M325)

送料込で、1254円

安すぎでない?

製品に問題はないのだけど、届いて見ると、意外と小さかった

Mouse

今までのMicrosoftのワイヤレスマウスとの比較。----全然小さい。

デスクトップで使うには、手のひらがすっぱりかぶさるMSのマウスのほうが疲れない、

ま、これも慣れの問題かな。

そのうち、、このマウスはノートPC用にして、別途大き目のを探すことにしよう。

あとは、電池の持ちがどれくらいかは使ってみないとわからない。

MSのは単三x2本、Logicoolのは1本で済むのもうれしい。

公称1年半ということだが、はたしてどうなるか。

半年以上もつなら、充電式よりも1次電池のほうが使い勝手はいいので、半年もてば十分

|

« PCの起動ディスクをSSDに変更(続き) | トップページ | 握力計 »

パソコン、インターネット、携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーボードと、マウスを入れ替え:

« PCの起動ディスクをSSDに変更(続き) | トップページ | 握力計 »